お気楽バツイチの日常

「喜びは1倍心配は1倍」お気楽バツイチ生活の日常

「離婚したいけど、離婚できない」出来ない理由を解決するのは意外と簡単!

f:id:ossanzu:20200321114118j:plain

離婚したいのに離婚できない人は世の中に沢山います。結婚した時は愛していたのに、「気が付けば愛の欠片もなくなっていた」。そんな話はよくあることです。
離婚できない理由

・経済的に自立できない

・家事ができない

・ひとりになるのが怖い

・子供がいる

では、【お金の問題】【家事の問題】【孤独の問題】【子供の問題】が解決すれば、なんの躊躇もなく離婚できるのでしょうか?

また、離婚したいのに、この【4つの問題】が解決できないからといって、いつまでも結婚生活を続けることが幸せなのでしょうか?

 

 

不毛な結婚生活かどうかチェック

f:id:ossanzu:20200321114140p:plain

 イメージしてみて下さい。

もしもチェック

▼「宝くじが7億円当たったら?」

▼「自分一人で家事が全てできるようになったら?」

▼「一生出会いに困らないとしたら?」

▼「子供が社会人になって独立していたら?」

「4つ実現出来たら離婚します」。という人は、【離婚したい予備軍】です。パートナーと本音で話し合って、解決の糸口を探してみましょう。

「ひとつでも実現出来たら離婚します」。という人は、【離婚寸前】です。不毛な結婚生活にピリオドを打ちたくて仕方がない人でしょう。実現可能な条件を叶えて離婚することが賢明です。新しい人生を手に入れるチャンスを逃さないようにしましょう。

反対に、「すべて実現しても結婚生活を続ける」。という人は、【幸せな結婚】といえるでしょう。離婚とは無縁の世界にいる方なので、これ以上読まなくて大丈夫です。(笑)

 

 

【4つの問題】の問題点

f:id:ossanzu:20200321114156p:plain

【4つの問題】の解決策は絵空事ではありません。「宝くじが7億円当たったら」は夢物語かも知れませんが、経済的な問題の解決策は「宝くじを当てる」だけではないからです。

とはいえ、4つの問題を理想通りには解決はできません。しかし、そこは「理想と現実」です。自分の状況に合ったやり方を見つけることと、離婚への熱意があれば意外と簡単に解決できます。

あとは離婚するために準備する時間と、弛まない努力が必要なだけです。結婚する時と同じですね。

【お金の問題】の解決策

STEP1▶:離婚後再出発に必要なお金を計算する

STEP2▶:毎月の生活費がいくら必要か把握する

STEP3▶:支出に見合った仕事を探し就職する

 

【家事の問題】の解決策

STEP1▶:炊事、洗濯、掃除を普段からやるようにする

STEP2▶:仕事をしながら家事に充てる時間を捻出する

STEP3▶:家に帰ったら家事をするのが当たり前の意識に変える

 

【孤独の問題】の解決策

STEP1▶:職場やプライベートで気の合う仲間を見つける

STEP2▶:没頭できる趣味や目標を見つける

STEP3▶:猫や植物など生き物を世話する

 

【子供の問題】の解決策

STEP1▶:じじ・ばばに協力を仰ぐ

STEP2▶:兄弟姉妹がいれば協力を仰ぐ

STEP3▶:ある程度自分のことができる年齢になるまで待つ

 

 

離婚して幸せになれるのか?

f:id:ossanzu:20200321114228j:plain

「離婚して幸せになれるか?」

自分の経験でお話させてもらうなら、「個」としては幸せになれます。しかし、「家」としての幸せは限定的になります。

「個」とは個人のことです。「家」とは家庭のことです。

「個」としての幸せ

▶:好きな時間に寝て、好きな時間に起きれます。

▶:自分が行きたい所に出掛けられます。

▶:食べたい時に食べたいものが食べれます。

▶:自分だけのためにお金を使えます。

▶:ひとの心配をしなくて済みます。

すべての裁量権が自分自身だけなので自由です。

「愛の欠片」もなくなってしまうと、好きでもない相手と行動するすべてのことがストレスなので、ひとりで行動できるだけでも幸せを感じてしまいます。

「愛」に満ち溢れていた時は、すべてのことを共に行動することに幸せを感じていたのに不思議ですね。

 

「家」としての限定

▶:寒い夜はひとり寝が辛いときもあります。

▶:ひとりのお出掛けは寂しいときがあります。

▶:食事をシェアできません。

▶:世帯収入で考えると、収入は減ります。

▶:喜びを分かち合う相手がいません。

「結婚生活を継続する」、「離婚してひとりになる」。どちらを選んでも一長一短です。自分がどちらを望んでいるのか、いまのパートナーでよいのか、が大切です。

「パートナーとの関係性が離婚しなければいけないほど悪化しているのか、いないのか?」、「自分の性格が家庭という集団生活に向いているのか、いないのか?」。諸般の事情を加味して判断すべきでしょう。

 

 

【40歳からの再婚問題】バツイチが再婚する為の「たったひとつの条件」

f:id:ossanzu:20200527155120j:plain

「40歳からの婚姻率は低い」という事実を知ってますか?

40代離婚経験者の私は、その数字のあまりの低さに愕然としました。

【40歳からの婚姻率:7%】

 

離婚までの期間のうち最も多いのは5年未満です。

平均婚姻年齢が30歳前後という現状から考えると、35歳前後で離婚するカップルが多いということです。ちなみに私自身も統計通りです(笑)

 

35歳前後で離婚するということは「子持ち」であることが多く、年齢的にもアラフォーです。にも拘らず、40代からの婚姻率(再婚率)が低いということは、一度離婚したら再婚がほぼ出来ないということです。

 

 

みんなの憧れ「加藤 茶」

f:id:ossanzu:20191203114931j:plain

「芸能人なんだからそりゃ違うでしょ!」そう思った人は、この先も再婚は出来ないかもしれません。

確かに加藤茶さんが持っている資産は一般人と比べたら潤沢で、人脈の多さも一般人の比ではないかもしれません。

しかし、どの位の資産があってどのくらいの人脈があれば再婚出来るのでしょうか。

「違いますよね?」そんなものに基準がないことは分かっているはずです。

 

実は加藤茶さんの初婚は44歳だったんです。

初婚にして「アラフォー」の壁を乗り越えてたことに驚きです。

 

その後、2003年に前妻と離婚しましたが、2011年の再婚発表は世間を大変驚かせました。当時、加藤茶さん68歳、綾菜さん23歳です。

 【歳の差がなんと45歳!】

「やるな、加藤茶め!」

そう思った男性陣は多くいたはずです。

反面お相手の綾菜さんには

「財産やお金目当てでしょ?」

「芸能界デビューに利用している」

そんな妬みともいえる心無い批判が相次ぎました。

確かに、世間が言うように最初は加藤茶さんは「若さと美しさに」、綾菜さんは「お金と人脈に」※実際は財産はなかったらしいですが・・・

全く惹かれなかったとは言いません。しかし10年以上たった今では、それを口にする人は少なくなりました。

今や国民的お笑い芸人を超えて、国宝的お笑い芸人になった加藤茶さんは、何歳になっても恋も結婚も出来るのだと世間に知らしめた素晴らしい体験をお持ちの方なのです。

それは決してお金があったからでもなく、人脈が豊富だったからでもなく、ひとえに加藤茶さんの人柄・考え方に由来するものだと思います。

 

ameblo.jp

 

40歳からは「結婚したい病」が治る?

f:id:ossanzu:20191203115109j:plain

40歳からの再婚は、誰しも離婚経験から結婚というものに甘い幻想を抱けなくなります。20代・30代の結婚とは違い、結婚生活に対して要求するモノも変わってきます。

40歳と言えば人生における折り返し地点です。若い頃と違い、未来永劫人生が続いていくと思えなくなり、「死」というものを意識しだす年齢だからです。

 

子孫を残すことは考えない?

アラフォーでバツイチの場合、既にお子さんを持っている方が多く「ある意味生物としての役割を果たした」と感じています。

再び40歳から結婚して出産することは考えにくいのです。子供が成人する時に60歳を超え、高齢出産のリスクを考えると再婚相手との子供は望んでいないのかも知れません。

 

甘い結婚生活は幻想?

若い頃、夢に描いた結婚生活は、最初の結婚生活で甘い幻想であったと気付きます。

そんな方の中には「二度と結婚はしたくない」そう仰る方もいるかも知れません。しかし、結婚とは共に生活していくことです。結婚が何か特別な魔法ではないことを知ったバツイチは、2度目の結婚には甘い幻想を思い描かないで済むことでしょう。

 

性欲が衰える?

人にもよりますが、若い頃と違って毎日のようにお互いを求めることは無くなります。肉体的な繋がりよりも精神的な繋がりの方を大事にするようになるからです。

若い頃は、身体の繋がりと心の繋がりを混同しがちです。強い性欲はお互いの目を眩ませ、身体の繋がりが二人の心の絆と勘違いさせるのです。

アラフォーからの性欲は、心の絆が成長してから少し遅れて身体の繋がりを深めるくらいがちょうど良いのかもしません。

 

老後を考えるようになる?
若い頃の結婚は未来に向かって人生設計します

1、子供を作って家庭を作る

2、家族のために家を建てる

3、家族のために仕事を頑張って出世する

40歳からは人生の終わりに向かい出します

1、終の棲家

2、老後の資金問題

3、お墓問題

40歳からは人生設計の再構築が必要です。

「人生は永遠ではなく限りあるもの」と実感することが出来るのも、この年代ならではだからでしょう。

 

 

40歳からの再婚相手の選び方

f:id:ossanzu:20191203115357j:plain

人生100年時代に突入と言われて久しいです。統計によると「日常生活に制限がない健康平均寿命」は、【男性が72歳】【女性が75歳】です。

「死ぬまでの平均寿命」は、【男性が81歳】【女性は87歳】です。

まだ人生100年寿命とは言えませんが、日本人の健康寿命と平均寿命は確実に延びています。

そんな時代において、たった1度の離婚が40代と云うだけで、その後40年近くお独り様になるなんて考えたら恐ろしくて離婚も出来ません。

「若くもなく」かと言って「諦めるにはまだ早い」40代からは、どんな再婚相手を選べば良いのでしょう。

好きになった人?

どんなに好きになった相手でも、時の経過と共にその感情は薄れます。

価値観が同じ人?

価値観が同じと思った相手でも、子供の教育方針でその価値観の違いに気づくこともあるでしょう。

健康な人?

健康と思ってた人が、突然病気になる事も珍しくありません。

お金持ち?

社長でも芸能人でも、どんなに高給取りでも明日の事は分かりません。

趣味嗜好が同じ人?

趣味嗜好は年齢と共に変化します。

どれも間違ってはいませんが、それだけでは長い人生のパートナーとしては役不足です。再婚相手として一番大切なことは

「この先この人と会話を楽しめるか」どうかです。

「結婚のための条件」は、長い結婚生活の中で変化していきます。それは明日かも知れませんし何十年後かもしれません。しかし年齢と共に必ず変わるものです。

 

二人の「会話」だけは変わりません。

「会話」は結婚生活の大部分を占めています。歳を取れば取るほど二人の会話は増えていくからです。その会話が楽しめない相手と結婚することが、どれだけ不幸な結婚生活を招くかは離婚を経験した人なら分かるはずです。

この先「結婚はもういいや」と思っている方も、会話を楽しめる相手と出会えたら考えてみて下さい。

本当にこの人と、80歳、90歳になっても「楽しく語り合っていけるのか」

 

もし結婚の条件があるというなら「若く美しい、イケメン、お金持ち、家庭的、子供好き」そんなことは二の次・三の次で大丈夫です。

自分と似た人を探したり、自分を好きになってくれる人を探すのではなく、永遠に会話を楽しめる相手を探しましょう。

 

 

アラフォーでも選ばれる人とは?

f:id:ossanzu:20191203115454j:plain

相手から選ばれる自分になることが重要です。40代で再婚を考えている人にとって一番気になる関心事です。

実は、自分自身が「40歳からの再婚は難しい」と、勝手に思い込んでいる裏返しです。

・「40歳で自分を選んでくれる人は居ない・・・」

・「お金もないし財産もないし・・・」

・「今から子供作るのは難しい・・・」

・「親の老後の世話もあるし・・・」

・「子供がいる相手なんて・・・」

・「一度結婚に失敗した自分を選んでくれる人なんていない・・・」

まだこんな風に考えているなら、この記事をもう一度初めから読み直して下さい。

離婚経験者は、結婚相手を条件だけで選ぶ人からは相手にされないでしょう。しかし、そんな相手と結婚出来ても、相手が欲する条件が無くなった瞬間に破綻してしまいます。

先ほども記しましたが、一番大事なことは「会話を楽しめるか」です。

自分も相手も、無理なく自然に会話を楽しめる相手と巡り合えるかが重要です。相手に選ばれる為に、自分を変える事が大事なのではありません。

 

 

まとめ

f:id:ossanzu:20191031134553j:plain

40代からの再婚相手を選ぶなら「会話」を何十年後も楽しめる相手を選びましょう。

自分とは全く反対に生きている人をそのままに愛し、自分とは全く反対の感性を持っている人を、そのままに喜べる人になりましょう。

自分の生き方や感性を相手に押し付けたり変えようとするのではなく、ありのままの違いをそのままに喜べる自分になりましょう。

そうすることで、40歳を越えたあなたにも必ず良い出会いが訪れるはずです。

 

 

いつになったら安心?休日前の外食day

おひとり様だと自炊が面倒です。

せめて休日前くらいは夕飯は外で済ませたい😅

かれこれ1〜2ヵ月位外食していないので、禁断症状が出ています🤣

いつものラーメン屋で手打ちチャーシュー麺と炒飯セット🍜

吉野家で牛丼中盛りと豚汁卵セット🤤

そういや最近、寿司も食ってないな😭

外食も依存症なのかな?🤔

 

早く食べに行きてぇー‼️

緊急事態宣言は解かれたけど、やっぱりまだ不安が残るから行けねー💦

 

 

 

もう6月になろうとしてるのに😤

肌寒い日が続いています💦

 

こんな日は人の温もりが恋しくなります

「寒くなると人肌が恋しくなる」と思うから余計に寒さが身に染みるだけです😭

 

そんな時は暖房着ければ大丈夫🙆‍♂️何ならしまい込んだ冬服を引っ張り出せば心も体もホッカホカです。おひとり様でも生きていけます🤣

 

もう6月になろうとしてるのに三寒四温のここ数日。「早く夏になれ!」

【愛した人はバツイチだった】アナタに必見!元嫁・旦那に嫉妬しなくてもいい理由

f:id:ossanzu:20200510215319p:plain

「恋は突然やってきます」

相手が「既婚者」か「未婚者」か「離婚経験者」かは考慮してくれません。当然訪れた出会いを受け入れるしかありません。

 

恋に落ちるなら「未婚者」が良いですね。「既婚者」であれば裁判沙汰になりますし「離婚経験者」なら元嫁や元旦那に嫉妬するからです。これでは永遠にハッピーエンドは迎えられません。

 

嫉妬は劇薬です。昔から「人を呪わば穴二つ」と云う通り自分も相手も不幸にします。ヤキモチは「恋のエッセンス」ですが、通り越せば「恋のポイズン」です。

 

恋の仕方は2通り

恋の仕方は2通りです。

1、【100点満点から始まる減点方式

【100点満点から始まる減点方式】

冷たい・束縛好き「こんな性格だとは思わなかった」

バツイチ・恋愛経験多すぎ「こんな過去があったなんて」

想像と違う事実を知った時、引き算して愛情が冷めるタイプです。

減点方式の欠点は「熱しやすく冷めやすい」
減点方式の利点は「正しい状況把握で騙され難い」

 

2、【0点から始まる加点方式

【0点から始まる加点方式】

冷たい・束縛好き「照れ屋さんで心配屋さん」

バツイチ・恋愛経験多すぎ「経験豊富で包容力がある」

事実をポジティブに受け止め、足し算して愛情を積み上げるタイプです。

加点方式の欠点は「誤った状況把握で騙され易い」

加点方式の利点は「徐々に愛情が増し長続きする」

 

離婚経験者を愛する恋の仕方は「加点方式」でないと無理です。「減点方式」では3日後には70点まで減点されます。最後には及第点を下回るでしょう。離婚経験者の懐にはあなたに話していない事実がたくさんあるからです。

 

 

なぜ元嫁・旦那に嫉妬するのか

f:id:ossanzu:20191202134417j:plain

嫉妬は感情の一種です。「大事なモノを失うことや失うかもしれない」懸念や怖れを感じた時の思考や感情のことです。

愛した人が元嫁・元旦那に肉体や心を「奪われる・奪われるかもしれない」そんなネガティブ感情に支配された時に感じます。

「元嫁・旦那の方が愛されていたかも」から始まり「なぜ慰謝料・養育費の支払うのか」という事でさえ嫉妬の原因になります。結婚とは「特別な縁で形成された最上級の愛」という勘違にも拘わらず。結婚という幻想よってバツイチを愛したアナタの地位が揺らぐ・揺らぐかもしれない恐怖が嫉妬の原因なのです。

 

結婚生活は経験しないと理解出来ません。1度体験すれば夫婦生活がどんなものかは簡単に分かります。未経験者は「恋愛のゴールが結婚」もしくは「結婚がスタートライン」と捉える人がいます。

結婚生活とはどちらでもありません。ゴールでもなければスタートラインでもないのです。結婚が特別なモノと思っている人には申し訳ありません。 

 

結婚とは

「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合

 お互いに肉体的・社会的・経済的に繋がることです。

肉体的とは「一夫一妻制」を守って

社会的とは「子供を育て」を通して地域と繋がり

経済的とは「夫婦で稼ぐ」ことで国の援助なしに生きていく事です。

 

結婚は市役所に婚姻届けを出して受理されれば成立します。契約的な意味合いが色濃く。結婚生活は相互扶助という考え方が根強く存在してます。「結婚してれば国が助けなくてもお互いに助け合うだろう」という国策的な側面もあるのです。

 

元嫁・旦那に対して、アナタが想像するような感情はない

f:id:ossanzu:20191202134434j:plain

結婚は式を挙げます。最近は籍だけ入れる人も増えましたが、最低でも相手のご両親や親族・友人・会社関係へ挨拶をします。結婚式を挙げずともそれなりの「縁」を形成して結婚生活を始めるのです。

余程の孤立無縁なカップル同士の結婚でない限り、お互いの「縁」を巻き込んで結婚します。

バツイチを愛したアナタにとって「縁」も嫉妬の対象ではありませんか?

でもちょっと待って下さい。結婚生活中は「縁」を大切にしますが、離婚した後は気苦労としか思えません。もはや煩わしさ以外なにも感じていないのです。それなのに嫉妬をする必要がありますか?

「縁」は徐々に希薄になっていくものです。

 

結婚より離婚の方が大変

離婚した人が必ず口にする言葉です。

結婚は前向きな力が働いてます。新しく物事を始めることはモチベーションが上がるからです。しかし、離婚は後ろ向きな活動です。物事を終わらすことはモチベーションが上がらないからです。

 

離婚が大変な本当の理由

何かの理由で離婚したいと思っている人は多いでしょう。しかし「子供が居る」「経済的に出来ない」「親や親類に顔向けできない」「まだ相手を愛している」様々な理由で離婚を思い留めます。なんとか結婚生活を継続出来るよう互いに努力を払うからです。

その努力を払う本当の理由は「離婚するまでに自分が納得出来る」ようにしたいからです。

「やれることはやり切った」努力を払うことで結婚生活にピリオドを打つのです。「やれることはやり切った」努力を払うことが1番大変なのです。 

 

まとめ

f:id:ossanzu:20191202134455j:plain

すべての離婚経験者が、元嫁・旦那に対しての恋愛感情を無くす訳ではありません。ましてや家族の愛情を忘れたい訳でも「縁」を断ち切りたいと望んでるの訳でもありません。ほんとうは生涯一度の結婚と決めた自分の決断を翻したくはないからです。

結婚生活中はお互いに「最大限努力し」「慈しみ合い」時には「我慢して」結婚生活を継続させようとします。それを覆すほどの「何か」があったからあなたの愛した人は「バツイチ」(人によってはそれ以上ですが…)になったのです。

 

あなたの愛したバツイチは「やれることはやり切った」と言えるくらいの努力をしたから離婚が出来たのではないでしょうか?

だからこそ離婚後の元嫁・旦那に対する感情は、ドラマや映画のような甘いものではありません。むしろ何も感じない。「お互い二度と関わりたくない」と感じているはずです。

 

バツイチを愛した方は、その相手が「離婚後も元嫁・旦那に対して未練が残っているのでは?」と心配されるでしょう。

実際には、離婚している夫婦の多くが「離婚しても良いと思えるくらいの結婚生活を継続する努力」をやり抜いて離婚してます。

 

元嫁・旦那が今のアナタが脅かすことはありません。慰謝料や養育費などの事務的な金銭のやり取りはあっても、アナタが心配するような事は何も起こらないのです。

 

この記事を読んで・嫉妬が和らいだ・共感出来た・少しは役に立ったと思ったら

【読者登録】【ブックマーク】をお願いします。

はてなブログの登録がまだの方はコチラから