旅するジムニー64LIFE

ジムニーJB64型に関する情報を発信するブログ

ジムニーJB64型XLグレード買うならココは換えたい【16cmフロント・リアスピーカー】と【BFグッドリッチ215/70R16 or ジオランダーX-AT 195R16】納車待ちを楽しむ時間

f:id:ossanzu:20210210090548p:plain

寝ても覚めてもジムニーJB64が頭から離れない。

久しぶりの新車、久しぶりのジムニー・・・

久しく忘れていたこの感覚、ワクワクが止まらない🤣

ジムニーJB64型を注文した人全員が思うこと。

「納車が待ち遠し〜‼️」だ。

納期半年以上1年以内。正直言って長過ぎだよスズキさん😭

 

あれこれパーツを探す楽しみ

先日クルマは注文したが、納車がいつになるか分からないジムニーJB64型。だったらやることはひとつ。

パーツ探しだ‼️

新車装着オプションをドアバイザーとフロアマット、フロントグリルだけにした理由は、好きなアフターパーツを選んで少しずつ自分でカスタマイズしたいから。

納車待ちの時間は辛いが、じっくりとパーツ選びして完成形に仕上げるのも、納期が長いジムニーならではの楽しみ方のひとつだ。

「ナビはどれにしようかな?」とか「タイヤは何にしよう?」など、毎日ニヤニヤが止まらない。

 

ジムニーJB64XLグレードのスピーカーは絶対変えた方が良い

ナビやドラレコにETCは当然後付けするのだが、今一番頭を悩ませているのがスピーカーだ。

XLグレード以下の標準装備SPはフロントドアのみ。更に13㎝という極小SPだ。

「車内で音楽を楽しみたいユーザーにはあり得ない装備品ではないか?」とも思わなくもないが、まあ仕方がない。

リアSPに至っては、インナーバッフルどころかSP取付ステーも装備されていない。今どき2スピーカーとは、さすが武骨精神を貫くジムニーならではと諦めれば良いのだろうか?

音を求めるクルマじゃないと言われればそれまでだが、それなりの音質は手に入れたいと誰もが思うはずだ。

 

良い音を求めるならメーカー問わず最上位モデルの17㎝セパレートSPがオススメだ。

しかし、スッキリ簡単に取付けるなら16㎝コアキシャルSPの方がオススメだ。

セパレートタイプを選んでしまうとツイーターの取付けにひと手間掛かるし、何よりダッシュボードの上に物を置くのが嫌いな人は「掃除の時に邪魔!」となってしまうからだ。

 

まず対策として挙げられるのは、フロント・リア共に16㎝スピーカーが取付けられる専用バッフルとステーを使うことだ。

フロントスピーカー用インナーバッフル

 

リアスピーカー用取付ステー(防水加工済み)

このパーツを使って16㎝SP×4枚を取付ければ、そこそこ良い音が出るだろう。

 

ここで問題となるのが、16㎝SPだと音質にこだわった上位モデルがなかなか見付からないことだ。

最近のクルマはほとんど17㎝SPが多いのに加えて、コアキシャルSPで最高音質を求める人が居ないことが原因だろう。

そこでオススメするのが、アルパインの上位モデルSP【XシリーズX-160 16㎝コアキシャル2ウェイスピーカー】だ。

ネットワークが付いているので取付けにはひと手間かかるが、これなら音場が上がってまるで目の前にアーティストがいるような臨場感をリアルに再現できる。

ハイレゾ音源にも対応しているのでCDだけでなくデータ配信音楽も美しくきれいな音質で楽しめる。

【XシリーズX-160 16㎝コアキシャル2ウェイSP】

 

もうひとつの悩み「新車装着タイヤは換えるべき?」

ジムニーJB64型XLグレードに標準装着されている純正タイヤは、ブリヂストン デューラーH/T684Ⅱの175/80R16だ。

雨の日のグリップや高速性能にも優れ、日常使いなら満足度のいく良いタイヤだ。

タイヤの性能も文句なし、当然新車なので溝も10分山で問題なしだ。

では、新車なのになぜタイヤを変えるのか?

使えるタイヤがあるのに、余分なお金を掛けてわざわざ変える理由は答えは簡単だ。

 

タイヤは「太く」「大きい」方が格好良いから‼️

以上だ🤣

 

ジムニーJB64型の純正タイヤサイズは歴代ジムニーと同じ175/80R16だ。燃費や加速性能にも長け、ハイウェイテレーンのパターンと相まって静粛性や乗り心地にも優れている逸品。

でも、細いし車格に対して少し小さい・・・😭

 

そこでオススメする装着可能なタイヤサイズは195R16か215/70R16だ。

185/85R16も履けるがこちらはJB23型なら丁度良くてもJB64型には少し小さい。

195R16・215/70R16なら、共に純正車高でも履くことが出来るJB64ジムニーにピッタリなサイズだ。

 

但し若干問題もある。

195R16にしても215/70R16にしても、純正タイヤサイズより外径がかなり大きくなるのでチェーンは装着出来ない。

また215/70R16だと純正タイヤサイズより幅がかなり太くなるので、ボディからタイヤのサイドウォールがはみ出てしまう。

この2点がクリア出来るなら、ジムニーJB64型のベストタイヤサイズ候補だと思う。

 

BFグッドリッチ オールテレーンT/A KO2 215/70R16

四駆好きなら一度は履いてみたいタイヤナンバー1と言っても過言は無いだろう。

リフトアップしたジムニーJB64型なら、215/70R16サイズ以外にも225/75R16サイズという選択肢もある。私の場合リフトアップは視野に入ってないので215/70R16サイズで検討中だ。

車体からタイヤのサイドウォールがはみ出るので車検が通るかどうか心配なところだが、改正された道路運送車両法によればギリギリ車検がクリアは出来るそうだ。

 

道路運送車両法178条2項1号ロ

(車枠及び車体)
第 178 条 車枠及び車体の強度、取付方法等に関し、保安基準第 18 条第1項第1号の告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。


一、車枠及び車体は、堅ろうで運行に十分耐えるものであること。
二、車体は、車枠に確実に取り付けられ、振動、衝撃等によりゆるみを生じないようになっていること。
三、車枠及び車体は、著しく損傷していないこと。


2、車体の外形その他自動車の形状に関し、保安基準第 18 条第1項第2号の告示で定める
基準は、車体の外形その他自動車の形状が、鋭い突起を有し、又は回転部分が突出する等他の交通の安全を妨げるおそれのあるものでないこととする。この場合において、次に該当する車枠及び車体は、この基準に適合するものとする。


一、自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方 30°及び後方 50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイール・キャップ等)が当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないもの。この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員 10 人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽けん引自動車を除く。)の車枠及び車体であって、協定規則第 30 号の技術的な要件に適合するタイヤを備えた自動車のもので、かつ、次に掲げるものにあっては、タイヤ以外の回転部分に係る部品の改造、装置の取付け又は取り外しその他これらに
類する行為により構造、装置又は性能に係る変更を行う場合を除き、基準に適合しているものとみなす。


イ、指定自動車等に備えられた車枠及び車体と同一の構造を有し、同一の位置に備えられたものであって、その機能を損なうおそれのある損傷等のないもの
ロ、タイヤの次に掲げる部分以外の部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していない車枠及び車体
(1)サイドウォール部の文字又は記号がサイドウォール部から突出している部分
(2)サイドウォール部の保護帯及びリブ並びにこれらと構造上一体となってサイドウォール部から突出している部分(突出量が 10mm 未満である場合に限る。)

知り合いのクルマ屋さんや、このサイズを装着している他のジムニー乗りの話を聞いたところ、車両誤差があっても、突出部が10mm以上はみ出てることはほとんどないらしい。※やる人は自己責任でお願いします

 

ヨコハマ ジオランダーX-AT 195R16

続いてオススメなのがヨコハマ ジオランダーX-AT。ジムニー乗りに向けて発売された新サイズ195R16だ。

同じオールテレーンのパターンでも、BFグッドリッチ オールテレーンT/A KO2と比べると若干大人しめなデザインだが、その性能はBFグッドリッチにも引けを取らない。

更に、BFグッドリッチだと不安だったタイヤのはみ出し問題も、ジオランダーX-AT 195R16なら10mm未満にほぼ収まるので安心して履くことが出来る。

 

問題は215と195のタイヤ幅だ。

表と裏で1cmずつ細くなる195だと、並べて見比べてみるとやはりタイヤのボリューム感が見劣りしてしまう。

ただ車検のことや、燃費や加速性能のことも考えると195幅の方が安パイなのは確かだ。

 

非常に悩ましいこの二択。ここ数日、BFグッドリッチ オールテレーンT/A KO2 215/70R16にしようか、ヨコハマ ジオランダーX-AT 195R16にしようか、ジムニーJB64に取付けたイメージを膨らませながら思案中だ。

 

まとめ

タイヤサイズとスピーカーだけでも、ここ数日どうしようか頭を抱えている。もちろん顔はニヤニヤしながらだが🤣

この他にも、車中泊用のアイテムやらサーフィン用のキャリア、ドリンクホルダーにスペアタイヤなど、まだ決めていない案件が山積みなのにだ!

 

どーしよー!あー悩ましい🤤

 

たかがクルマ、されど愛しのジムニー。

納車までのこの幸せな時間を、この先もじっくりと堪能していきたいと思う。

 

良ければ読書登録お願いします👍