旅するジムニー64LIFE

新型ジムニーでへたれソロキャン

「ジムニーJB64型を10年以上大切に乗りたい!」トリートメント効果でエンジン寿命を伸ばすオイル添加剤【Microlon SUPER HYBRID マイクロロン スーパーハイブリッド】

f:id:ossanzu:20210311200541p:plain

こんにちは、ジムニーJB64絶賛納車待ちのジムニー番長です🔥

納車はまだまだ先ですが、最低でも10年以上は大切に乗っていきたいと考えてます。

10年経って外装のクリアが飛んだら「いい感じにくたびれた感じになるのでは?」と勝手に思っています!

 

10年後もベストコンディションを保つためオイル交換にはこだわっていきたいですね😁

 

だいたい新車を購入した時は1,000kmで初回オイルとエレメント交換。その後はなるべく質の高いオイルを使って3,000km毎にオイル交換しています。もちろん2回に1回はエレメント交換も!

良質なオイルを使ってマメにオイル交換するのは、エンジンコンディションを保つための基本中の基本です👍

 

でも今回はエンジンオイル交換以外でエンジン寿命を延ばす【金属表面処理剤】をご紹介しようと思います。

 

気になる方は是非お試しあれ!

 

Microlonとは?

全商品

まずエンジンオイル添加剤【Microlonマイクロロン】をご存知でしょうか?

マイクロロンとは、元々ライフル銃の銃身焼き付け防止処理剤WZ-127として誕生しました。

射撃の名手でもある天才ビル・ウイリアムスが、このWZ-127が自動車のエンジンにも役立つと気付いたことでエンジンオイル添加剤としての第一歩を踏み出しました。

その歴史は古く、50年を超える老舗メーカーです。

 

マイクロロン処理されたエンジンは、コンプレッションが向上することで燃料効率が高まりパワーアップを体感することが出来ます。

エンジンの振動や騒音を抑え、摩耗を防止することでエンジンの状態を快適に保ちます。結果、燃費の向上にも繋がるのです。

一見すると普通のオイル添加剤と同じ効果に見えるかも知れませんが、マイクロロンはいわゆる量販店に置いてあるオイル添加剤とは異なります。

 

他のオイル添加剤との決定的な違い

Tara, オイル, エンジンオイル, プラスチック容器, エンジンオイル

量販店によく置いてあるオイル添加剤は、PAOや潤滑成分が多く含まれた基油ベースの添加剤が主な成分となっています。エンジンオイルにもともと添加されている成分の性能を回生させるものがいわゆるオイル添加剤なのです。

その他にもテフロンやTFE及びPTFE等のフッ素樹脂を添加した数多くの類似品がありますが、それらはいずれもマイクロロンとは全くの別のものです。

これらの添加剤でも瞬間的にエンジン性能を向上させますが、恒久的なエンジンコンディションを整える機能はありません。

何故ならそれらに含まれている成分は、質の高いエンジンオイルならそもそも添加されている成分だからです。

 

では、一体マイクロロンの添加剤はなにが違うのでしょう?

正確に表現するならマイクロロンの添加剤は、オイル添加剤ではなく金属表面処理剤です。安いオイル添加剤はオイルをトリートメントするのに対して、マイクロロンは金属そのものをトリートメントするのです。

 

マイクロロン成分がオイルラインの隅々まで行き渡ることで、目には見えない金属表面の凸凹に溜まった汚れを落とし、綺麗になった後のザラザラした金属面を埋めるようにミクロ以下のマイクロロン微粒子が金属表面に被膜するのです。

さらに侵食防止機能、さび防止、酸化防止剤も入っているのでエンジンの保存状態も高めてくれます。

驚異のマイクロロン持続効果

マイクロロンは金属の表面に定着して皮膜を形成します。マイクロロンを添加されたエンジン内部では、金属対金属の代わりにマイクロロン対マイクロロンの接触になるので金属同士の磨耗を防止するのです。

このマイクロロン被膜はオイル交換をしても失われません。この皮膜を除去するにはトリートメントされた金属をサンダ-等で除去するか、金属を限界温度412℃まで加熱し気化させて除去する方法しかないのです。

この効果はオイルの成分を回生させるだけのオイル添加剤と異なり、金属表面をトリートメントするマイクロロン被膜は数万km持続します。

 

一般的なオイル添加剤は単にオイルの潤滑性を高めることにあり、その効果はオイル交換と共に失くなるのに対して、マイクロロンは恒久的にエンジン内部の金属面に定着するのです。

これがマイクロロンとオイル添加剤との決定的な違いです。

 

新車のジムニーに入れる必要は?

新しいエンジンでは摩耗がほとんどなく最適な状態で動いているので、新車にマイクロロンを入れてもその変化を劇的に体感することは出来ないでしょう。

ただし、マイクロロンを添加することにより金属面の摩耗を予防し、エンジンのフリクションロスを減らすことによって、よりベストなエンジンコンディションを手に入れることが出来ます。

この事が、10年以上ジムニーを調子良く維持することに繋がるのです。

 

マイクロロンの使い方

自動車修理, オイル交換, 石油, 自動, ショップ, 修理, 仕事, モータ

【Microlon SUPER HYBRID】は、既存のマイクロロンと異なり一回の施工でそのトリートメント効果を発揮します。

①より効果を高めるためにエンジンオイルとオイルエレメントを同時に交換します。あとでマイクロロンを足すので、オイルレベルゲージを確認しなから少な目にオイル量を調整して下さい。

②水温が上がるまでクルマの暖機運転を行います

③マイクロロンの缶をフタを締めたままよく振ります(2分以上)。

④エンジンを止めてからオイルレベルゲージを抜いて、エンジンをかけながらレベルゲージの入り口からマイクロロンをゆっくり注入します。(自分でオイル交換するなら使用するオイルに混ぜて攪拌してオイル注入口から入れた方が楽です。)

⑤オイルレベルゲージを元に戻してその後30km以上走行して下さい。

使用方法は至って簡単!たったこれだけでエンジン寿命を伸ばすことが出来ます。

【必要量の目安】

排気量3,000cc迄 --- 本品1本

排気量6,000cc迄 --- 本品2本

 

マイクロロンはどこで買える?

お近くのカー用品店や二輪用品店を確認して下さい。但しカー用品の量販店にはマイクロロンを在庫してあるお店は少ないようです。二輪量販店の方が置いてあるお店が多いのは、バイク乗りの方のほうが愛車を労わる気持ちが強いからかも知れませんね。

ネットで買うなら下記を参照して下さい。

燃料ラインの清掃とコーティングなら【Microlon Gas Treat マイクロロン ガストリート】がオススメ!